馬刺しの調理方法

馬刺しの切り方

  袋から取り出し、余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

  • 上赤身・上ヒレ

     

    1.5㎝から2㎝の厚さにスライスしてください。
    肉質は柔らかいので厚さはお好みにより調整してください。

  • 薄霜降りロース

     

    1.5㎝から3㎝の厚さにスライスしてください。
    肉質は大変柔らかいので、お好みにより厚めに切っても美味しく頂けます。

  • 馬レバー

     

    2㎝から3㎝の厚さにスライスしてください。

  • たてがみ・ふたえご

     

    0.5cmから1cmの厚さにスライスしてください。
    馬肉は鉄分が多いため、空気に触れると肉色は桜色に変わります。
    (さらに時間がたつと濃い赤色になります)

馬刺しの食べ方

  • 準備

     

    馬刺し・・・・50~100g/1人前
    玉ねぎ・・・・薄くスライスしてください。
    万能ねぎ・・・小切にしてください。
    しょうが・・・すりおろしてください。
    にんにく・・・すりおろしてください。
    大葉・・・・・数枚
    馬刺し醤油・・適量

    馬刺し盛り合わせ
  • もりつけ
     ①水にさらした玉ねぎのスライスと大葉を
      ひいてください。
     ②スライスした馬肉をのせてください。
     ③すりおろしたにんにく3:しょうが7の割
      合でお好みに合わせて比率は変えてくだ
      さい。
      薬味をのせてください。
     ④最後に万能ねぎの小切りをふりかけてく
      ださい。
  • 食べ方
      上赤身・薄霜降りロース・上霜降りなど

     

    馬刺し醤油にお好みの量のにんにくしょうがを加えて、たまねぎと一緒に馬肉をつけてお召し上がりください。

      馬レバー

     

    お好みにより、ごま油に少量の塩を入れてお召し上がり下さい。

      たてがみ(コウネ)

     

    お好みにより、わさびと馬刺し醤油を付けてお召し上がり下さい。

  • ワンポイント

     

    馬肉は鉄分が多いためスライス後、冷蔵庫で10分ほど寝かせるときれいな桜色になります。

保存方法

① 冷凍保存

 

桜ユッケ・たてがみ・馬レバー・馬上ばら肉・馬ボイルモツ・馬太すじ肉・馬ハツモト・馬切り落とし・牛タン
は冷凍で販売しております。
そのまま冷凍で賞味期限は3カ月程度です。
※開封後は早めにお召し上がりください。

② 冷蔵保存

 

上赤身・上霜降り・薄霜降りロース・馬タンスモーク・ふたえご・上ヒレ・馬のたたき・馬ウィンナー
は冷蔵で販売しております。
真空パックは冷蔵で賞味期限は1週間程度です。
それ以外の賞味期限は3~4日程度です。
開封後または、スライスして販売致したものは、冷蔵で1日程度です。

どちらも鮮度と味にこだわった商品ですので早めにお召し上がりください。